“HOME” “初めての方へ” “ご利用案内” “お買い物カゴ” “注文照会” “Blog” “お問合せ”



商品検索

2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
 
2021年 01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
        
カテゴリー


新入荷商品

再入荷商品    

セルフワーキング作品集:特集ページ
使える&変わり種:デック特集ページ
アラカザン:メンタルマジック特集ページ
セットDVD:お買い得キャンペーン


ベスト・セラーズ

初心者向けアイテム

一般会員限定

プラチナメンバー限定

お手頃プライス品!

オリジナル商品& 独自サービス付商品


カード
レギュラーデック各種
トリックカード各種
パケットトリック
カード当て
別素材カード当て
その他の現象
テンヨー製品

コイン
レギュラーコイン
コイントリック&ギミック
Tango社製品
テンヨー製品

その他クロースアップ
ワレット・パース
ペン
カップ&ボール
スポンジ製品
テンヨー製品
その他

DVD
カード
コイン
紙幣
輪ゴム
ロープ
メンタル
メタルベンディング
スレッド
オムニバス
ステージ&サロン

ファイヤー

メンタル
& サイキック

ステージ・サロン
カード
シルク
ロープ
マニピュレーション
プロダクション
フラワー&くす玉
タマゴ
キッズ&コメディー
イリュージョン
消耗品&基本用具
その他

アクセサリー
カード関係
コイン関係
サムチップ関連
ウォンド&マット
スレッド&ワックス
BGM用CD
その他

ジョークグッズ
マジック
オモチャ

書籍&レクチャーノート
洋書(お取り寄せ)

メーカー別
【日本国内】
ドクターレオングッズ
UGM 製品
マジックランド
フォーサイト
ATTO
(益田克也製品)
クライス社
スクリプトマヌーバ
(日本語字幕DVD)
マジック・エフェクト
(藤原邦恭製品)
テンヨー製品
DPグループ
菅原茂 作品
マンスリー マジック レッスン

【海外】
フーラー・ドゥーラー
(ダロー)
JB マジック
(マークメイソン)
ペンギン マジック
ジェイ・サンキー
アルド・コロンビーニ
アンドリュー・メイン
セオリー11
マジックスミス
イーガル・メシカ
マジック・メーカー
カード・シャーク
ワールドグレイテストDVD
At The Table DVD




 
 
 
   DVD/ビデオ > カード > At the Table Live Lecture Rafael Benatar
 
 
 
前の商品 At the Table Live Lecture Rafael Benatar 次の商品
 
 

At the Table Live Lecture Rafael Benatar

 
価格 : 1,200 円(税込1,320 円)
こちらの商品はDM便発送可能商品です
数量
 
 
 
  この商品は?
マーフィーマジックで毎月行われていたテーブルライブ
ですが 基本的にセット商品での取り扱いをしてきました。
現在ダウンロード形式のものが多くなり、DVD化されている
物が少なくなってきています。

その中でも、人気のマジシャンのものをDVDでお届けです。

今回は、ラファエル・ベネター
スペインのベテランで、カードマジックを得意と
している方です。

まだあまり英語圏にスペイン勢が出てこない昔から
活躍していたマジシャンでもあります。

ベテランらしい狡猾さと、エレガントさを兼ね備えた
そんなトリックをお楽しみください。 


商品内容

Rafael Benatar/ラファエル・ベネター
スペインの重鎮の一人、ラファエル・ベネターが
テーブルライブに出演です!


Performance:Illogical Conclusion
パケットトリックです。

4枚ずつ2つの山を作ります、片方を示すとすべて赤いカード
もう一方の山と1枚カードを取り替えますが、やはり4枚とも
赤いカードです。

今度は2枚取り替えて、3枚取り替えてとしていきますが
手元のパケットは全て赤のカードです。

もう一方のパケットを見ると、4枚とも黒のカードです。

連続的にカウントを行う、少々ハードなトリックです。


Performance:Shadow Does It
黒4枚をテーブルに、1列になるように並べ
手元の4枚と見えない交換をしていきます。

手をかざすと、手元のパケットに黒いカードが来ています。
これを4枚とも行いますが、細かな部分までこだわっている
手順になっています。


Performance:This Way or the Other Way
1から5のカードを裏向きでよく混ぜます。
マジシャンは指先の感覚でどのカードか分かるといって
1枚を表向きにするとAです。これをテーブルに置きます。

再度軽く混ぜ、表向きにすると、2のカードです。
同様に3のカードも示し、テーブルに置きます。

残り2枚をどの順番で置くか、相手に聞きますが
表向きにすると、手元はAと2で、テーブルには3,4,5の
カードがあります。


Performance:Ambitious Birthday
スモールパケット(5枚)でのアンビシャスカードを行います。
途中ひっくり返ったりの現象もありつつ、カードを1枚ずつ
表向きで置いていきます。

不思議なことに、最後の1枚が、いつの間にか
メッセージが書かれているカードに変化しています。


Explanation:Illogical Conclusion
Explanation:Shadow Does It
Explanation:This Way or the Other Way
Explanation:Ambitious Birthday

上記のトリックは連続で演じることが可能なので
連続的に手順解説をしています。

基本的にはテクニックでのトリックになっているので
少々歯ごたえのある解説になっています。


Practice 1000 times
トリックの練習に関してです。

Magic Castle
ハリウッドにあるマジックキャッスルの話です。
建物内の施設やそこでの経験に関してです。


Performance:Karate
Explanation:Karate

カードを空手で真っ二つにする、という演技です。

10のカードを示し、手刀をすると、カードが2枚になり
5と5のカードになります。
同様に、8のカードは4と4に。

最後に9のカードに手刀をすると、4と2分の1のカードが
2枚に分かれます。

Getting into Magic
ラファエル・ベネターのマジックへの
かかわりに関してです。


Performance:The Christ Countdown
Explanation:The Christ Countdown

数理的なトリックのカードマジックです。

デックをよく混ぜて、カードを表向きにしつつ
1枚ずつカードを置いていきます。
同時に10から順にカウントダウンしていきます。

カウントダウンの数字と、カードの数字が一致したら
そこでやめて、一致しない場合にはゼロまで配り
最後のカードは裏向きにして山を作ります。

全部で山を4つ作って、一番上に見えているカードの
数字分だけさらにカードを配ります。

あるカードで止まりますが、そのカードが最初から予言されています。

かなりフェアに見えますが、きちんと機能するのが
分かっていても不思議です。

Performance:The Smiling Mule
Explanation:The Smiling Mule

サンドイッチのトリックですが、一ひねりしてあるものです。

最初に2枚のA(赤いA2枚)をデックの中ほどにそろえて入れます。
相手に適当なカードを言ってもらい、Aの間に挟まれるといいます。

デックを見てみると、確かに挟まれているのですが、Aがいつの間にか
トップとボトムに移動して、デック全部を挟んでいる状態です。

再度テーブルに置いて、おまじないをかけると、相手の言ったカードのみ
2枚のAがデックの中ほどで挟んでいます。

テクニックのみで処理している手順なので、何の準備もなく
演じられるものです。

Performance&Explanation:Elastic Thumb
紙の筒の中に親指を入れると、伸びてしまうというもの。
(ノリ的には、シオミさんのようなトリックです、ガクっ!)

Performance&Explanation:Finger Percussion
指でテーブルを叩いてどんどん早くしてみて、といいます。
マジシャンも行いますが、まるでドラムロールのような音が
出ます。

これまた、ふざけた一発芸という感じでしょうか?(笑)


Performance&Explanation:Fling Chopsticks
割りばしが、組んだ手の間で奇妙に動き回るというもの。
確かに、十分にウケると思います。

種明かしネタとして知っておくと面白いでしょう。

Creative Process
どうやってマジックを作っていくのか、クリスの純粋な
質問といえるでしょう。

Performance:The Mystery of Kabala
Explanation:The Mystery of Kabala

かなり不思議なカード当てです。

相手にデックを渡し、よく混ぜてもらってから、適当なところの
カードを覚えさらに混ぜます。

覚えたカードの色、マーク、数字の分だけカードを配りますが
演者はずっと後ろを向いています。

残ったデックを受け取って、配った3つのパケットは1つにまとめて
しまいます。さらに演者は数枚のカードを示し質問を1つします。

これだけで、相手の覚えたカードを当ててしまいます。

カードのカウンティングだけで絞れてしまうのですが
ちょっとわかりにくいのと、英語綴りでないとできない原理です。

Performance&Explanation:Oil and Water
オイルアンドウォーターですが、最初の方で司会のクリスが
「すげー」って言っているのが笑えます。
(ダブルのカードをテーブルに置く瞬間です)

非常にゆっくりと演じ、鮮やかに分かれます。

Advice
カードの扱いなどに関しての、アドバイスです。
彼の扱いには定評があるので、ぜひ学んでみてください。





内容品
商品はDVD1枚で、内容は英語になります。
トリックなどに関しては、見ていただければ
お分かりになる部分が多いと思います。

 

手品道具通販専門店I−MAGIC 1500点以上の品揃え 欲しいマジック用品はここにある!

ご案内:   I-MAGICは、世界の最新マジックアイテムに日本語解説書をお付けして、手ごろな価格と充実したサービスを目指しています。
満足のいただけるマジック(手品)とマジックアイテム(手品用品)を皆様にお届けいたします。

HOME ◆  利用案内 ◆  お買い物かご ◆  ポイント ◆  注文照会 ◆  リンク集 ◆  お問合せ

Copyright © 2008  I-MAGIC  All Rights Reserved    個人情報保護ポリシー   特定商取引法表示